« 中国インターネットの現状 その4 | トップページ | ミニゲームで大成功したソーシャルネットワーク »

2005年2月16日 (水)

親指ビジネス

携帯電話のショートメールのビジネスを中国語では「親指ビジネス」と言います。

中国の携帯の普及率が上昇し続けて、3.3億台となりました。お正月の7日間で、初めて携帯のショートメールが100億通を超えました。

このショートメールの普及は中国人の生活習慣まで影響するようになりました。新年のお祝いの電話もショートメールに変身してきています。2月8日は中国の大晦日です。上海モバイルなどの3社で、大晦日の夜だけで2.7億通を記録しました。平均0.1元/通で換算すると、一晩で2億円以上?親指ビジネスは万々歳!

« 中国インターネットの現状 その4 | トップページ | ミニゲームで大成功したソーシャルネットワーク »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38304/2956168

この記事へのトラックバック一覧です: 親指ビジネス:

« 中国インターネットの現状 その4 | トップページ | ミニゲームで大成功したソーシャルネットワーク »

中国語最新情報

  • 中国語

カテゴリー

  • おすすめサイト
  • パソコン・インターネット
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31