« 中国インターネットの現状 その3 | トップページ | 親指ビジネス »

2005年2月12日 (土)

中国インターネットの現状 その4

中国からお問合せのメールが届きました。お問合せの内容は、ばりばりのビジネスの内容だったのですが、メールアドレスは中国でよく使われているフリーメールでした。このメールを信用していいかどうか皆さんはどう思いますか。

メールを送った人に日本の商常識があるかどうかは別問題として私は信用することにします。なぜかというとフリーメールだからといって一蹴することは、中国のネットユーザの8割以上を拒否することになるからです。

今回のCNNIC調査から下記のような統計結果が出ています。

○最もよく使うメールアドレス

 個人で申請した無料メールアドレス 81.3%
 勤務先で提供されたメールアドレス 11.0%
 個人で申請した有料メールアドレス 5.8%
 プレゼントのメールアドレス 1.0%
 メールアドレスをもっていない 0.6%

○無料メールアドレスを使用しているユーザが一年以内に有料
メールアドレスを申請する予定

 あまり申請の可能性はない 27.3%
 申請しない 25.3%
 どちらとも言えない 24.0%
 申請する可能性がある 20.6%
 申請する 2.8%

« 中国インターネットの現状 その3 | トップページ | 親指ビジネス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38304/2897703

この記事へのトラックバック一覧です: 中国インターネットの現状 その4:

« 中国インターネットの現状 その3 | トップページ | 親指ビジネス »

中国語最新情報

  • 中国語

カテゴリー

  • おすすめサイト
  • パソコン・インターネット
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31